親問題で夫婦喧嘩&ひどい頭痛。私なりの解消法

親問題で夫婦喧嘩&ひどい頭痛。私なりの解消法

昨日の夫婦喧嘩について話し合い。やっぱり大泣き。もうもう、頭、痛い。今日の頭痛ダイアリー。 ...

頭痛ダイアリー 2020年1月31日。

大げんかの翌日。泣き過ぎて頭痛。イブを飲んだ

痛み

×



飲んだ薬(目薬含む)

  • 昼:イブA錠(鎮痛剤)

大げんかからひと晩が過ぎ、ちょっと冷静になれてきた。そして考えた。

夫の両親のことは、とりあえず忘れようと思った。夫は、私以上に「親問題(私にとっての義父母問題)」で大変。夫の負担を、これ以上重くしたくない。私は私で、自分の親のことでいっぱいいっぱいなんだし。とりあえず、忘れちゃうのがいい。あっけらかんと明るい私でいた方が、夫の力になれると思う。

「親」ではなく友達だと思おう・・

夕方くらいになって、突然ひらめいた。「むかし友達だった人だと思えばいい」。義父母、特に、これまで親しくしていた義母のことを「友達だった人」だと思おうと決心した。以前はよく一緒に遊んだけど、今はもうつきあっていない友達。そんな人。そういうことってよくある。義母もそんな人のひとりだと思おうと思った。今度こそ、夫の両親との関係をうまく処理できそうだと思った。

私は夫の両親を慕っていた

私は毒親育ちなので、結婚するまで、普通の家庭がどういうものなのか知らなかった。(いろいろわかってみれば、夫の家庭も決して普通ではなかったわけだが。しかし、私が育った環境よりはまとも。それは言える。)

義母を見て、「お母さんってこんな存在なのかな」と思うことがたびたびあった。結婚して、5年経っても、10年経っても、15年経っても、20年過ぎても、実の親からは、「お前の夫は・・」と彼の悪口を言われたり、「結婚して、あなたは変わってしまった」などと嘆かれたり、認めてもらうどころか、私と夫の評価は下がるばかりでした。寂しくて、苦しくて・・私は、「優しいお母さん」を義母に求めてしまったと思う。私は義母を本当のお母さんのように慕っていた。

本当は、それほどの人でもなかったのかもしれない。最初から。でも、母を求めてやまなかった私は、いつしか義母のことを「理想のお母さん」だと思い込みたくて、そう決めつけてしまったかも。さびしい子供が、フラフラと知らない人について行ってしまうみたいに、私も義母に惹かれ、離れられなくなってしまったと思う。

義母の存在が大きくなりすぎてしまった・・

しかし、ここにきて、義母に関し「え?」「ん?」「そりゃないでしょ?」というようなことが次々と発覚し、私はここ1年、精神的にバランスを崩してしまった。結婚して28年。「私には、お義母さんという『お母さん』がいる。だから私は大丈夫・・」。自分でも気づかないうちに、義母が「心の支え」のようになっていたんだと思う。だから、自分でも何でこんなに自分がボロボロになるのかわからないくらい混乱してしまった。ショックを受けてしまった・・。

親不孝な娘だと言われ続け、自信のない私

私は、実の親から「親不幸な娘だ」と言われ続けている。そんなこと言うから、私は親と距離を置かざるを得なくなるのに、そのことに気づいてないから、どんどん私を攻撃してくる。親とうまくやれない自分を責めてしまうこともあるし、親と顔を会わせるたびに、その後決まって具合が悪くなる自分が弱虫に思えることもある。「私はダメな娘なんだろうな」と思えてならない日々がもう20年以上続いている。

でもそんなとき、義母とメールのやり取りをしたり、帰省したときに仲良くお茶飲んだりすると、私はほっとした。「私は、義理の両親とはうまくやってる。うまくやれている。だから悪いのは、(実の)親の方だ。私じゃない」と。義母と仲良くやっている自分。それがささやかな「私の自信」だった。

しかしその思考回路が、今になって私を苦しめてる。義母との付き合いが辛くなり、距離を置きたい・・と思った。でも次に襲われたのは「私は結局、4人の親、誰ともうまくやれてないじゃないか」という強い強い挫折感。「・・ということは、やっぱり私がダメな人間だってことだ。ウチの(実の)親が言っていること、『お前はダメな娘だ』の方が正しいってことなんじゃないか・・」としか思えなくなった。

パニック障害の原因もそれだった

私はここのところずっと、自分がバラバラに崩壊しているような気がしていました。そしてそのバラバラの自分を立て直すことは、二度と無理な気がして、どうにもなりませんでした。

先日私は、スーパーの駐車場で、誰かからいきなり叱られるんじゃないかと怖くなって、動けなくなりました。なんとか自分を取り戻し、入店して買い物を始めたものの、通路でみんが白い目で見ているような気がしてならなくなり、血の気がひいて倒れそうになりました。

こういうの、パニック障害っていうんだよね。あの日から外出が怖くなった。日課にしていた散歩も行かなくなった。でも、その原因がやっと分かった気がする。

私は、義母と距離を置かなくてはならなくなり、「結局私は、実と親とも、義理の親ともうまくやれなかったじゃないか。私はやっぱり『人として間違ってる』と(実の)親から叱責されて当然の人間なんだと思う・・」としか思えなくなってしまった。今の自分も、これまで生きてきた自分も、何もかも全部間違っていたようにしか思えなくなった。混乱して、パニックを起こしたと思う。

義理の両親との関係を見直してみる

夕飯を食べ終わって、昨日の喧嘩について、夫と話し合いました。「昨日はごめんね」と言いました。そして「今後は、お義父さん、お義母さんのことを、お友達だった人だと思うようにする」と自分の考えを伝えました。

「私は、親に抑圧されてきてるから、相手が親だということを意識し過ぎるのかも。いい大人なんだから、大人同士、対等な付き合いでいいはずなのに、親とうまくやれないと、全面的に自分が間違っているような気がしてしまう」。「あなたのご両親とは、いいお友達だったと思おうと思う。昔は一緒にでかけたりして、仲の良かった友達。でも、時間が経てば自然と疎遠になることもあるよね。お互い別々の道を行くことにした昔の友達。そのくらいに考えようと思う」。夫はうなずいていました。

幸か不幸か、義父も義母も、老後とか介護について、私のことはまったくあてにしてないようだし・・。

今度こそ、「親」から卒業したい

お義母さんとお付き合いするの、もう限界だ・・と思ったのが昨年10月(頭痛がひどくなって、この頭痛ダイアリーを付け始めた時期と重なります)。そのときは、私より夫の方が精神的に参っていました。私は、義父母のことを一切口にするのをやめました。「お義父さん、お義母さんのこと、いったん忘れちゃおう。それが私にとっても夫にとってもベストだ」と思い、思い出しちゃいけない・・と自分で自分に言い続けました。そしたら、記憶障害みたいになりました。「昨日、何食べたっけ?」みたいなことでさえ思い出そうとすると頭がガンガンしてきて、義父母とは関係ない楽しい思い出さえ思い出せなくなってきてしまい、「やめた方がいいかも・・」と、やめました。

2度目のチャレンジは12月。お歳暮贈るとか贈らないとか、実家に帰るべきなんだろうけど、帰りたくないとか、親問題に悩まされているうちに、連日大泣きのようになり、「とりあえず自分の親と義父母のことは、いったん忘れた方がいい」と思いました。考えてしまいそうになったら、ひたすら食べ、年明けにはお腹を壊して夜中に吐きました。

夫に「嫁としての責任放棄宣言」をしました。「私は、優しいお父さんとお母さんが欲しくてたまらなくて、あなたの両親を本当の両親だと思い過ぎてしまったかも。嫁としての適切な距離感を保つなら、これ以上、立ち入らなくていいと思う」。

「嫁なんて、こんなもの!」「私はもっと薄情でいいはず!」と自分に必死に言い聞かせ、夫の実家のことについては、深く考えたり、配慮したり、思いやりを示そうとしたり、力になろうとしたりするのをやめました。それはそれでうまくいったのだけれど、うまくいきすぎて、自分に自信を失くしちゃったかも。

「これまでの自分は、出しゃばり過ぎてたのかもね・・」と気づき、自分が恥ずかしくなってしまった。「お義母さんには、本当の娘だとは思われていないのに、自分だけ本当のお母さんみたいに慕ったりして、私は大馬鹿だと思う。とんな勘違い女だ私は・・」と外を出歩くのも恥ずかしいような気分になったと思う。

これも、スーパーの駐車場で、スーパーの通路のど真ん中で、誰かに怒られそうで、笑われているような気がして、怖くて血の気がひいて倒れそうになった、パニック障害の正体だったかな・・と思う。


人気の記事
完璧主義診断【セルフチェック】
モラハラ親チェック【無料診断】
毒親育ち度診断
人間不信診断【セルフチェック】
メンタル弱い度チェック
自殺危険度診断【セルフチェック】
アダルトチルドレン セルフチェック
愛情不足診断【愛着障害】
親パワハラ診断
毒親チェック


先頭へ戻る