【認知症父の入院8】もう精神病院には連れていかない!

【認知症父の入院8】もう精神病院には連れていかない!

これは、[認知症父の入院7] からの続きです。
夫はとてもとても悩んでいました。入院していた病院の担当医は、「退院後もS病院(地元唯一の精神科病院)に行くように」と母に言いました。何のために? 何の病気で? 肝心な部分の説明は何もせず。しかもその担当医は、患者本人である父に、退院後の通院の必要性を説明していません。父は、治って退院だと思い込んでいます。また、調べれば調べるほど、投薬情報や検査結果や・・いろいろな事実は、精神病院に通院しなければならないほど悪くないのではないかと示しているようにも思えました。

これまでの経緯

・12月3日。父、せん妄を起こして精神病院に医療保護入院 詳しくはコチラ
・2月19日(入院2ヵ月半)。地元の精神病院(S病院)に転院予定だったのが、突如「退院です」と言われる。 詳しくはコチラ
・2月末。要介護認定の結果が出るまで入院継続することに。 詳しくはコチラ
・3月25日。介護認定の結果は「要介護1」。この頃から、S病院に月1回通院するようにしきりに言われ始める。4月2日。退院。主治医から「S病院に行かないと困ったことになりますよ」と脅される。父の容体は落ち着いており、通院の必要性がわからない。 詳しくはコチラ
・退院後の独自調査。診療明細書の検査や投薬情報から父の容態がわかる。 詳しくはコチラ
・「急性一過性精神病性障害」についてネットで調べる。父のこの病気の原因は、「お兄さんの死」だったのではないかとわかる。 詳しくはコチラ
・認知症のテスト結果が判明する。「認知症の疑い」を示す数値だったものの、「急性一過性精神病性障害」を発症していた時期に検査されたものだと判明。父の様子からして、認知症を心配する必要ないのでは?という結論に達する。詳しくはコチラ

「3ヶ月間穏やかに過ごされていました」の文字

最終的に、私たち息子夫婦は、父を精神病院へ通院させなくてもいいんじゃないか、と思うに到りました。その決定打となったのは、皮肉にも、入院していた病院が書いてくれた紹介状(母が勝手に開けて読んでしまいました..)でした。 ...

記事全文を読む

関連記事

人気の記事
ダメな親診断【セルフチェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
うつセルフチェック【無料診断】
人間不信診断【セルフチェック】
親パワハラ診断
毒親チェック
愛情不足診断【愛着障害】
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック


先頭へ戻る