発達障害児に与える毒親の悪影響

発達障害児に与える毒親の悪影響

最悪の結果も!発達障害児に与える毒親の悪影響

子供をダメにする親、「毒親」。その存在は、特に発達障害の子供との組み合わせで、最悪の結果をまねくと言われています。特に、以下のタイプの毒親が、発達障害の子供に悪影響を及ぼすことがわかってきました。 ...

過干渉な親

発達障害の子供に「こうあるべき」「ほかの子供と同じように」は、人格否定同然の発言です。そもそも脳が、定型発達の子供と違うのですから、ほかの子と同じでないことが、その子の普通。「こうあって欲しい」といった親の理想や、「このくらいできるはず」といった先入観にとらわれたり、共感性に欠ける親は、発達障害児の子供を深く傷つけ、自己肯定感が低く育ちます。

否定的・批判的な親

学校生活は、定型発達の子供に合わせられていることが多いため、発達障害の子供は、どうしても、ほかの子供より、友達や先生、社会から評価される機会が少なくなります。そこにきて、小言の多い、否定的・批判的な親では、子供は居場所をなくします。家庭においては、結果ではなく過程をほめることを忘れずに。子供をほめない親は、発達障害の子供にとって、最悪の組み合わせです。 [...]


人気の記事
毒親育ち度診断
自己肯定感診断【簡単チェック】
acタイプ診断
いい子症候群診断【セルフチェック】
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
愛情不足診断【愛着障害】
親ストレス診断
承認欲求セルフチェック
燃え尽き症候群セルフチェック


先頭へ戻る