視野が狭い母親。その末路

視野が狭い母親。その末路

視野が狭い母親がいます。そんな母親に悩まされている人も。視野が狭い母親には、どんな特徴があるのでしょうか。そこにはどんな心理が隠されているのでしょうか。 ...

視野が狭い母親には、ある特徴があります。それは、自分が絶対的に正しいと思っているということ。いろいろな考えを吸収しようとしたり、人の立場に立って考えるということがないので、視野が狭くなります。

そしてもうひとつ、特徴的なことがあります。視野が狭い人に限って、人に「お前は視野が狭い!」と言うのです。

ここにも、そんな母親に悩まされてきた人がいます。ある毒親育ちの人が語ってくれました。

視野が狭い母に、「お前は視野が狭い!」と怒られてしまった。私はもう、どうすればいいかわからない・・。

私は、公務員の父と、専業主婦の母に育てられました。

母は、私が子供の頃からしょっちゅう言っていました。「お父さんは、視野が狭いのよ!」と。そんなときの母は、父に不満タラタラでした。

そう。母は、自分のことがわかってもらえないとき、相手の人に「視野が狭い」と言うところがありました。一日外で働いている父には、家事と子育てに追われる母の苦労はなかなかわからないでしょう。それは、母に言わせると「視野が狭い」ということになるのです。

でも私は、子供の頃からずっと思っていました。家のことや子供のことに追われて1日過ごすお母さんのことを、お父さんがわかっていないのなら、1日外で働いてるお父さんの苦労を、お母さんだってわからないんじゃない? と。今思えば、私はしごくまっとうな中学生でした。

そんな母から、あるとき私は、厳しいお叱りを受けました。

「もっと実家に帰ってきなさい!」という命令でした。

確かに私は、盆と正月どころか、それさえもスキップしてしまうことがたびたびありました。確かにねぇ、もう少し実家に帰った方がいいかな、とも思うけれど、なんだか憂になっちゃうから。兄や妹とは、会ってるみたいだし、ま、いっかなと。

お叱りを受け、仕方がないので、実家に顔を出しました。私、42歳。まるで子供のように叱られました。

「あなたには、親がどんなに子供の顔を見たいものなのか、わからないのよ。お父さんだって、本当にかわいそう。あなたには子供がいないから、親の気持ちがわからないのよ。視野が狭いの。そう、あなたは、昔から、視野が狭いの!!」。

あ~ぁ、ソレ言われちゃった、と思いました。

子供がいないから、親の気持ちがわからない・・そうかもね。でもね、会えばそんな話ばかりで、実家のこと考えただけで、頭痛くなってきちゃう私の気持ち、わかってる? わからないと思う。私から言わせれば、そっちだって視野が狭い!!

私は、決してそれを口にはしませんでした。どっちの視野が広いか、狭いか、なんて、議論したってしょうがないし。そもそも私に勝ち目などないことは、42年間の付き合いの中で痛いほどわかってるわけで。

「視野が狭い」。私は子供の頃から、いつかそれを自分も言われるのではないかと、怯えていたように思います。そしてついに言われちゃったそのひと言。

「お前は、視野が狭い!」って人のことを責めるのは、ほとんど人格否定なんじゃないかな。お前のものの見方は間違ってる!って言ってるわけだから。本当に視野が広い人は、人のこと、視野が狭いだなんて、言わないと思う。視野が狭いと人を責める人は、自分にも見えていないものや、気づけていないことがあることを棚にあげ、「自分のこと、わかってくれない!」って叫んでるだけの人だから。

あ~ぁ、私は、これから、どうやってあの毒母と付き合っていけばいいんだろう・・。やっぱり実家からは足が遠のくばかりになるんだろうな。 [...]


人気の記事
毒親育ち度診断
毒父チェック【無料診断】
燃え尽き症候群セルフチェック
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
親ストレス診断
共依存度診断【セルフチェック】
うつセルフチェック【無料診断】
毒親チェック
アダルトチルドレン セルフチェック
いい子症候群診断【セルフチェック】


    先頭へ戻る