人の話を聞かない親の対処法 (2)

人の話を聞かない親の対処法 (2)

思い込みが激しい親への対処法

「それは違うよ」とか「今は違うよ」と親に言い続けるほかありませんが、相手は「話を聞かない親」。その先入観や思い込みが訂正できると期待もできません。そんなときは、「私は言うべきことをちゃんと言った」と思えたら、それでOKとしましょう! 親を説得できなかったとしても、それはあなたの力不足ではありません。悲しいけれど、それ以上悩むのは、あなたの人生の時間の無駄です。 ...

自分が正しいと思い込んでいる

親よりも子供の方が知的レベルが高い場合、親が子供の言っていることを理解できない、という事態が発生します。子供はおのずと「話を聞いてくれない」と感じることになります。

しかも、本当に頭の悪い人というのは、自分の頭の悪さにも気づかないため、自分の言っていることの方が正しい、子供に否があると思い込みます。子供は、理解されないことへの不満足感だけでなく、「私の方が間違っているのだろうか?」と自信を失ったり、自己肯定感が低くなるといった副作用にまで悩まされます。

理解力のない親への対処法

「私の方が間違っているのだろうか?」と自信がなくなりそうになったときには、必ずしも「親の言っていること=正しい」ではない、ということをどうぞ忘れないでください。私たちは、親だけでなく、先生や友達、本や芸術、社会・・さまざまな素材から学び成長することができます。いろいろな人との関係を大事にし、様々な情報に触れ、自ら経験し、自分の頭で考え、時間をかけて、自分にとっての「正しい」を見つけましょう。親の言っていることを鵜呑みにせず、自分の頭で考える自分に、どうぞ誇りを持ってください。

頭の悪い親への対処法

残念なことですが、世の中には「頭が悪いんだな」と思うしかない親もいます。あなたがそう感じるのなら、それでいい。あなたは冷たい人間でも、非情な人間でもありません。あなたの感じ方は、誰にも曲げられないし、曲げられるべきものでもありません。


人気の記事
いい子症候群診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
毒父チェック【無料診断】
承認欲求セルフチェック
人間不信診断【セルフチェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
acタイプ診断
アダルトチルドレン セルフチェック
自殺危険度診断【セルフチェック】
燃え尽き症候群セルフチェック


先頭へ戻る