虐待にならない子供の叱り方 (2)

虐待にならない子供の叱り方 (2)

子供が「これはイケナイな」という行為をしていたら、「タイムアウト」と言ったり、スポーツでよくするように両手で「T」の字を作って、子供にタイムアウトを伝えます。子供があらかじめ決められた場所に行ったら、子供と静かに話をしましょう。「もう少し、小さな声でしゃべってね」とか「叩いたら痛いよ。仲良く遊ぼうね」とかなど。 ...

そのときには、「何がいけなかったのか」よりも、「次からどうして欲しいのか」を強調して伝えるようにした方が効果的です。同じ行為で繰り返しタイムアウトになっている場合にも、「何度言ったらわかるの」などと決して怒らず、「どうしてタイムアウトになったんだと思う?」と子供に問いかけてみてください。

これには、困った行為の習慣化を防ぐと同時に、クールダウンする意味もあります。怖い顔をする必要はありません。スポーツでよく見る「タイム!」が、冷静にそれを宣言しているように、淡々と「タイムアウト」を宣言し、子供をいったんそこから離れさせ、子供と落ち着いて話をし、終わったらニッコリ笑って、明るく「ゲーム再開」を宣言してあげてください!

親が感情的になると、子供は混乱してしまいます。『タイムアウト』を使うと、親も感情的にならずに、「それはイケナイことだよ」を子供に伝えることができるようになります。


人気の記事
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
ダメな親診断【セルフチェック】
自殺危険度診断【セルフチェック】
うつセルフチェック【無料診断】
acタイプ診断
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
人間不信診断【セルフチェック】
完璧主義診断【セルフチェック】
毒親チェック
アダルトチルドレン セルフチェック


先頭へ戻る