子供を私物化!子供の将来を勝手に決める母親

子供を私物化!子供の将来を勝手に決める母親

母のために生きてきた人生でした。 ...

私は母の希望で、4歳のときから、芸大出身の先生につきピアノの英才教育を受けていました。しかし、ピアノは好きではなかったし、音大に行く気もありませんでした。

しかし、私には、やめるにやめられない理由があったのです。

芸大出身の先生とは、私の伯母でした。私のピアノのレッスンは、親戚付き合いを兼ねているところがありました。息子がふたりいる伯母は「女の子はかわいくていいわね」と、私にピアノを教えることを楽しみにしているようでした。父は、尊敬する芸大出身の姉のところに、私を通わせることを誇らしく思っているようでした。そして母は、私が音大のピアノ科に進学することを夢見ていました。

「私がピアノをやめっちゃったら、お父さんも、お母さんも、伯母さんもみんな悲しむんだ」。子供心にそう思っていました。まるで、私が大人たちに付き合ってあげているような習い事でした。

伯母は、母のいないところで「音大に行きたいの?」と私に何度か聞きました。私は、小学生の頃からはっきりと「行きたくないです」と答えていました。伯母は、練習に身が入らず、音大に行くには進度の遅れている私が、本当に音大に行くのかどうか、定期的に確認していたようです。しかし、母には、私の意志を伝えてくれてはいないようでした。

私は中学に入っても、高校に入っても伯母のところに片道1時間かけて通い続けました。高校に入って、何度か続けてレッスンに遅刻をしたとき、伯母から叱られました。「そんなにやる気がないのならやめなさい」。まったくそのとおりだと思います。「すみませんでした」と頭を下げながら、私は内心こう思っていました。

「やめられるものなら、とっくの昔にやめてるよ!。お母さんのために、伯母さんのために、習ってやってるんじゃないか」。

そんな言葉を、胸のうちで吐かなければならないほど、私は無理に無理を重ねていたのだなと、今振り返って思います。

おかしなことに、その一件以来、私は今までになくピアノの練習に励みました。弾いてみたい曲の楽譜を自分で買って来て、レッスンをつけてもらうようなことを大学を卒業する間際まで続けました。

母も伯母も、やっと身を入れてピアノの練習に励むようになった私を見て「よかったわねぇ」と満足気でした。でも、私の本心は違うところにありました。伯母から「やる気がないならやめなさい」と言われて私は気づいたのです。私にはピアノしかない。幼稚園のときはバレエを習いたかった。小学生のときはスイミングスクールに行きたかった。中学ではバレーボール部に、高校では吹奏楽部に入りたかった。でもみな母に潰されました。私がしてきたことはピアノだけ。ここでピアノをやめてしまったら、私のこれまでの時間は何だったのか・・。

私は、音大にだって行けてしまいそうなくらい難易度の高い曲を弾きこなせるところにまで上達して、まるでピアノに、伯母に、母に、敵を討ったかのごとく、ピアノに見向きもしなくなりました。

こういう親のことを『毒親』というのだと知ったのは40歳を過ぎてからでした。もっと自由に好きなことを見つけ、夢中になることができた子供時代を、私は周りの大人たちから奪われたのだなと思います。

奪われた子供時代は、二度と戻ってこない、と絶望した時期もありました。でも「人生に遅すぎるということはない」と夫が言ってくれました。残りの人生で、子供の頃にできなかった「好きなことに夢中になる」を思いっきりやってみたいと思いました。好きではないことを無理やりやらされてきた私には、「好きなこと」を見つけることが難しい。それでも少しずつ、「自然と夢中になったこと、それが好きなことなのかな」とわかってきました。

私が見つけた趣味は、カラオケと家庭菜園。譜面どおりに弾かなければならないクラシックなんか大嫌い! 自由に踊り歌って盛り上がれるカラオケが大好き。椅子の前に座っていなくちゃいけないピアノなんて大嫌い! 外で泥まみれになって野菜の世話をしている方が私らしい、と思います。

私は、ピアノも、伯母も、そして母も、大嫌いです。
・・・やっと、自分の過去に整理をつけ、そんな自分の本音に向き合えるようにもなりました。 [...]


人気の記事
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
自殺危険度診断【セルフチェック】
親パワハラ診断
親ストレス診断
承認欲求セルフチェック
完璧主義診断【セルフチェック】
愛情不足診断【愛着障害】
いい子症候群診断【セルフチェック】
共依存度診断【セルフチェック】
acタイプ診断


    先頭へ戻る