親に虐待された人の性格 (2)

親に虐待された人の性格 (2)

反社会的

親に虐待されてきた人は、反社会的な性格になることがあります。親に虐待されている子供は愛情不足です。問題を起こすことでしか親から注目してもらえず、そのような行動パターンが大人になっても続いてしまうのです。また、親への怒りが、社会に対する怒りとなり、反社会的・非社会的行動になって現れます。 ...

社会性がない

親に虐待されてきた人の中には、ひどく消極的で社会性に乏しくなる人がいます。これは、ネグレクトされてきた子供や、他のきょうだいと比べらえ、虐げられてきたなど、親から無視されてきた子供に見られる性格です。

子供は、親を通じて社会性を身に付けます。親が、まるで子供を無視しているかのような態度で接していれば、その人の社会性は育ちません。引きこもりの原因のひとつ、とも言われています。

明るい。でも空元気。

親から虐待されてきた人の中には、無理して明るく振る舞うようになる人もいます。一見明るい性格ですが、悲しいことや辛いことがあっても、「大丈夫!」としか言えず、表に出せません。人と親密になることができず、明るい性格と裏腹に、心の中は孤独です。


人気の記事
毒親育ち度診断
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
自殺危険度診断【セルフチェック】
メンタル弱い度チェック
承認欲求セルフチェック
燃え尽き症候群セルフチェック
自己肯定感診断【簡単チェック】
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
ダメな親診断【セルフチェック】


先頭へ戻る