子供の偏食を治す【間違った子育て】 (2)

子供の偏食を治す【間違った子育て】 (2)

また、好き嫌いの多い人は、全般的に、嫌いなものや苦手なことに工夫して取り組む、という気持ちに欠けているところがあります。「嫌いなものは嫌い」「嫌いなものには手をつけなくていい」という生活習慣が、日々の食生活の中で定着化していくので、それ以外の場面でも、そのような姿勢になりがちなのです。 ...

しかし、子供の偏食を改善しようとしたときに、絶対にしてはいけないことがあります。それは、子供の「嫌い」という気持ちを否定してはいけないということです。嫌いなら嫌いでいいのです。「嫌いなんだね」と共感したり、「どうして嫌いなの?」と子供に問いかけたり、子供の感覚を受け止める対話が必要です。

好き嫌いは誰にでもあります。大切なことは、偏食のない人間を作り上げることではなく、嫌いなものとどう付き合うか、ということ。食べ方を工夫してもいいでしょう。ひと口だけでも食べたらOKとすることから初めてもいいでしょう。違う料理で、違う季節に、親戚の家に遊びに行ったときに・・シチュエーションが変わることで食べられなかったものが食べられるようになることがあります。そのチャンスを作り続ける親の姿勢が大切なのです。


人気の記事
親パワハラ診断
うつセルフチェック【無料診断】
メンタル弱い度チェック
いい子症候群診断【セルフチェック】
人間不信診断【セルフチェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
自己肯定感診断【簡単チェック】
共依存度診断【セルフチェック】
完璧主義診断【セルフチェック】
モラハラ親チェック【無料診断】


先頭へ戻る