虐待されている子供の特徴 5つ

虐待されている子供の特徴 5つ

必見!虐待されている子供の見分け方

虐待されている子供は「SOS」「虐待サイン」を発信していると言われます。それはどのようなものなのでしょうか。どうすれば、それを察知してあげられるのでしょうか。 ...

虐待されている子供は「虐待されています」「家にいるのが辛いです」などとは決して言いません。「お父さん、お母さんのこと好き?」と問いかければ、多くの場合「好き」と答え、「ママ・パパは悪くない」「ボク・ワタシがいい子じゃないのが悪いんだ」と親をかばうことさえします。しかし、次の点に着目すれば、子供が虐待されているかどうかが確実にわかります。

いつでも明るい子供

健全な家庭に育つ子供は、悲しいことや、辛いことや、嫌なことがあったら、泣いたり、悲しそうな顔をしたりします。悲しくても辛くても、それを一緒に受け止め、味方でいてくれる親がいるから、安心して自分の気持ちに正直でいられるのです。しかし、虐待を受けている子供は、負の感情を隠そうとするので、泣きたいような状況でも、無理して明るく振る舞いがちになります。

人の目を気にする子供

虐待されている子供は、自分の身を守るため、人目を気にしたり、人の顔色を伺ったりします。人によって言動を変えたり、嘘をつくことが多いときには、子供が、そうせざる状況に追い込まれていないかと、周りの大人は考える必要があります。

オドオド・ビクビクしている子供

些細なことで固まってしまったり、萎縮してしまうような子供も、虐待を受けている可能性があります。なぜ叱られているのか、次からどうすればいいのかが、子供に明確にわかるように叱責することはむしろ必要なことです。しかし、親の気分によって子供に対する態度が違ったり、突然怒鳴られる、叩かれるといった、逃げ場のない状態に子供が追い込まれているとき、些細な刺激に対して「あ、怒られるかも・・」と子供は過敏になるならざるを得なくなります。 [...]


人気の記事
ダメな親診断【セルフチェック】
毒親チェック
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
親パワハラ診断
メンタル弱い度チェック
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
自己肯定感診断【簡単チェック】
モラハラ親チェック【無料診断】
アダルトチルドレン セルフチェック


先頭へ戻る