愛着障害の人の特徴

愛着障害の人の特徴

愛情不足で育った人の共通点

愛着障害とは、幼少期の親の愛情不足により、人との絆や信頼、愛着といった感覚を身に付けられないまま大きくなってしまった人のこと。愛着障害の人が感じている「生きづらさ」とはどんなものなのでしょうか。愛着障害が疑われる人には、どんな共通点があるのでしょうか。 ...

愛着障害の人が感じる生きづらさ

子供は、生まれた瞬間から親の愛情を求めています。それが得られなかった愛着障害の人は、その満たされない気持ちを生涯に渡って引きずります。次のような感覚は、愛着障害の人が共通して抱える生き辛さです。
・心細い
・情緒不安定
・イライラしやすい
・不安
・孤独
・寂しい
・生きていて楽しくない
自殺願望

愛着障害の人の共通点

このほかにも、愛着障害の人には、次のような特徴があります。

独占欲が強い

愛着障害の人は、友達や配偶者を独占しようとしがちです。友達に、自分以外の友達ができると裏切られたと感じてしまったり、自分以外の人と仲良くしないで欲しいと望んだりしてしまいます。

見捨てられ不安

愛着障害の人は、人から気に掛けられていないとひどく不安になったり、人と少しでもうまくいかなくなると絶望的な気分になってしまいます。そのため、人から気に入られようとばかりし、人の言いなりになったり、嫌いな人とも離れられずにズルズルと関係を続けてしまいがちです。 [...]


人気の記事
承認欲求セルフチェック
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
毒親育ち度診断
ダメな親診断【セルフチェック】
人間不信診断【セルフチェック】
完璧主義診断【セルフチェック】
親パワハラ診断
メンタル弱い度チェック
毒父チェック【無料診断】
親ストレス診断


先頭へ戻る