「嫌われたくない症候群」の人の特徴

「嫌われたくない症候群」の人の特徴

最近話題の『嫌われたくない症候群』。嫌われたくない症候群とは、どんなものなのでしょか。治す方法はあるのでしょうか。詳しく解説します。 ...

嫌われたくない症候群の人の心理

「嫌われたくない」と思うことは、決して悪いことではありません。誰しも思う自然な気持ちです。しかし、嫌われることを避けようするがために、言いたいことも言えず、不安やストレスに支配されていたとしたら?

本来人は、自分の人生を、自分らしく生きていくものです。ときには、自分の性格や生き方を「嫌い」と感じる人とも出会うでしょう。しかし、人から好かれるように自分を変えるようなことは通常しません。相手に合わせるより、自分らしくあることの方が大事なのです。

嫌われたくない症候群の人の問題点

しかし、嫌われたくない症候群の人は、人から好かれないと自分に自信がなくなってしまいます。人から嫌われないように自分を変えてしまいます。嫌われることが怖くて、そうせざるを得なくなっているのです。

嫌われたくない症候群の人の共通点

嫌われたくない症候群の人には、どんな特徴があるのでしょうか。

誰からも好かれたいと思う

嫌われたくない症候群の人は、「みんな」から好かれたいと考える傾向があります。自分にとって無関係な人やたいして大事ではない人から好かれていないことは、大きな問題ではありません。嫌われたくない症候群の人は、みんなから好かれていないとダメだ、と思い込んでいるようなところがあり、自分のことが好きではない人がいると、自分に自信がなくなってしまいます。

友達の人数を気にする

嫌われたくない症候群の人は、自分を好きでいてくれている人の人数を気にします。自分のことを好きな人がたとえ100人いても、幸せになれるとは限りません。しかし、嫌われたくない症候群の人は、自分のことを好きでいてくれる人の人数に比例して、自分の幸せ度や価値が上がるかのように感じており、その人数を気にする傾向があります。

嫌われる人はダメな人だと思っている

嫌われたくない症候群の人は、人から好かれている人=優れた人、という歪んだ価値観に縛られています。「人に嫌われるのは、その人に問題があるからだ」と思っているところがあり、自分が好かれていないと、自分が間違っているような気がしたり、「自分に問題があるからだ」と自分を責めたり、自信を失ってしまいがちです。

人の評価がすべて

人から好かれているか嫌われているかで、自分の価値が大きくアップダウンするのも、嫌われたくない症候群の人の特徴です。人からどう見られているか、ということが、イコール「自分の価値」であるため、自分がなく、自我未発達のまま大人になってしまっていることが少なくありません。

人に合わせてしまう

嫌われたくない症候群の人は、自分らしくあることよりも、「人から嫌われない人」であることを重要に考えています。そのため、本当はイヤなのに、いいよと言ってしまうなど、人に合わせたり、人に気を遣ったり、いい人ぶってしまいます。反対意見を言ったりや、断る、ということが苦手な傾向も顕著です。

情緒不安定

嫌われたくない症候群の人は、自分が好かれてる、とちょっとでも思えれば気分がよくなり、ちょっとでも「嫌われてるんじゃないか」と感じられると不安になります。周囲の人の自分に対する態度で、気分がアップダウンし、情緒不安定になりがちです。 [...]


人気の記事
アダルトチルドレン セルフチェック
ダメな親診断【セルフチェック】
承認欲求セルフチェック
自殺危険度診断【セルフチェック】
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
モラハラ親チェック【無料診断】
毒父チェック【無料診断】
親パワハラ診断
愛情不足診断【愛着障害】
いい子症候群診断【セルフチェック】


    先頭へ戻る