人の気持ちがわからないアホな親

人の気持ちがわからないアホな親

父は、私のことを、そして私が大事にしているものを、ことごとくけなし、バカにし続けました。人の気持ちがわからない。アホだとしかいいようのない父でした。 ...

父は、長く不動産・建築業界で働いてきた人でした。父と私の最初の大トラブルは、今から15年前、私たち夫婦が「初めてのマイホーム」を建てることになったときでした。

父は、言いました。「いい土地を紹介してやろう」「いい業者を紹介してやろう」。私たちは、そのアドバイスに従い、父の息のかかった建築会社と契約し、その土地に家を建てることになりました。

しかし父は、家の間取りにまで口を出し始めました。あーしろ、こーしろと、屋根の形や壁の色にまで。お金を出すのは私たちです。父の思い通りの家になると思ってもらったら困る。「私たちの好きにやらせて」と言ったら最後、父は、ヘソを曲げ、私と口を聞いてくれなくなりました。

なんだかんだ言っても親子です。時間が過ぎれば、父の態度も軟化するんじゃないかと思っていました。しかし逆でした。父は、この15年もの間に、私への憎悪を募らせていたようでした。

それを知らない私は、とてつもなく大きな地雷を踏んでしまいました。

大きな台風がやってきて、我が家の屋根板が飛びました。「参ったな」と思った次の瞬間に、私は決心しました。「お父さんに連絡してみよう」。

家を建てるときに、父のアドバイス?助言?口出し?おせっかい?を断ったがために、父を怒らせてしまい、今だ会話のない私たち親子。屋根の件を相談したら、父と会話ができるかと思ったのです。しかし、父は私が想像していたよりもはるかに「人の気持ちがわからない人」でした。

電話口で「お前のことなんか知らない」と言われ、電話を切られそうになりました。なんとか食い下がり、会話をつなぎ、「見に行ってやろう」と屋根の様子を見てもらえることになりました。しかし、家に来た父は、我が家にケチをつけて回りました。あそこがダメだ、ここがダメだ、掃除がなってない、とまで。座って話をし始めれば、建てたときの私の態度が、いかに間違っていて父を傷つけたのか、ネチネチ言い続けました。

私は、その日から食事が喉を通らなくなりました。体重が1週間で3キロ落ちました。うつでした。

うつが落ち着いてきた今、あの日、私はどんな父の言葉に傷ついたのだろう・・と落ち着いて振り返ることができるようになりました。父に言わせれば、屋根板が落ちたのは、台風による自然災害ではなく、私たち夫婦のせい。父の言うことを聞かなかったから。「3角形のかわいい屋根」なんかにこだわらなければ、こんなことにならなかった、のだそうです。「そんな家建てたお前がバカだ」。「屋根板が落ちたくらいで、俺を呼ばなくちゃいけないようなヤツに、持ち家なんていらない。賃貸で十分だったんだよ、お前なんか」。

うつのどん底状態から回復し始めた今、私は、父に「怒り心頭モード」です。人のマイホームをバカにする権利が、あなたのどこにあるのよ!! 自然災害で受けた損害を、「設計からして、お前たちの家づくりは間違ってた」と切り捨てるその感覚・神経・頭の回路が信じられない。

昔から、人の気持ちがわからないところがあるな、とは思っていたけれど、ここまでひどいとは思いませんでした。人の気持ちがわからない人は、人を傷つけることを平気で言うから、付き合っていて疲れる。人の気持ちがわからない人は、その人がそれをどんなに大事にしてるのか、そういうこともわからないから、私のことだけでなく、マイホームのことや、夫のことや・・ありとあらゆることをボロくそに言われて心底辛い。付き合いたくない、父とは。もうごめんです。 [...]


人気の記事
燃え尽き症候群セルフチェック
ダメな親診断【セルフチェック】
自己肯定感診断【簡単チェック】
うつセルフチェック【無料診断】
親ストレス診断
自殺危険度診断【セルフチェック】
毒父チェック【無料診断】
すぐわかる!ADHDチェック
共依存度診断【セルフチェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック


    先頭へ戻る