疑い深い父親 その末路

疑い深い父親 その末路

「信用されてない」と子供に思わせる父親

疑い深い父親がいます。そんな父親に、悩まされている子供も。疑い深い父親には、どんな特徴があるのでしょうか。その心理は? 原因は? 疑い深い父親は、子供にどんな影響を及ぼすのでしょうか。 ...

疑い深い人がいます。何を言っても信じてもらえず、疑われているような気がするのはいい気分ではありません。「自分は信用されてないんだな」と思えてきます。

そんな人が父親になったら、子供は悲惨です。何を言っても、信じてもらえず、疑われているような気がします。親から信用されていないと感じながら育つ人は、誰からも信用されていないような気がして、自分に自信が持てないなど、生きづらさを長く感じることになります。

そしてここにも、そんな人がいます。

どんな父親だったのか、どのようにしてその生きづらさを解消したのか。ある人がそのすべてを語ってくれました。

疑い深い父でした。

僕は子供の頃から、父に、話しを聞いてもらったことがありません。話をしたことがないわけじゃない。むしろ、話はよくしたかもしれない。でも、ちゃんと聞いてくれてない・・そう感じていました。父は、いつも疑いの目を向けていて、どんなに一生懸命話しても、父に通じた気がしない。話せば話すだけ、自分が信用を落としていくような気がする。

年齢があがるにつれ、僕は父と話すとき、緊張するようになりました。父は、僕の話に少しでも矛盾があると、そこをついてきて、それまで話してきたことのすべてが「嘘」であるかのように取る。だから、細心の注意を払って話をしなければならなくなる。

たとえば、「どうして、学校にプリント提出するのを忘れたんだ」と父から怒られる。「明日だと思ってた」と僕が答える。それは本当のことなのに。父は、その僕の言葉を信じてくれない。「嘘だろ。言い訳だろ」と怒られる。

日にちを間違えていたことを怒られるなら、怒られて当然のことだと僕にもわかる。でも、嘘ついてると決めつけられて怒られるのは悔しい。「そうじゃない」といくら言っても、嘘だと決めつけている父には、その「そうじゃない」さえ嘘に聞こえていたに違いない。僕は、父に、決して僕の言葉を信用してはもらえませんでした。

それに、こんなことまで。

「ごめんなさい。これからは気をつける」と言っただけで怒られました。「これから『も』、気を付けるだろ!」と。そんな小さな言い間違いひとつで、それまで謝っていたことが台無しになり、「お前は、やっぱり何にも反省してない。口だけだ」となる。

そんな僕は、友達や先生に対して疑い深いところがありました。僕は、そんな父が大嫌いだったのに、結局のところ、父をお手本にして育ってしまったところがある。友達のちょっとした言い間違いにカチンときて、「やっぱりコイツは僕のことをバカにしてる」とか思ったりしてました。

人を信用できない子供でした。そして大人になっても・・。

僕は、完全に「人間不信」でした。でも、彼女がそんな僕を変えてくれました。

天真爛漫な彼女と付き合うようになって、僕は変わりました。僕の言うことを、なんでもストレートに受け取り、何でも信じてくれる彼女。僕は、そんな彼女のことを、絶対に裏切れないと思いました。いつか自分を裏切るかも、なんて疑いもせず、僕のことをまっすぐに信用しようとしてくれるその姿は、僕の育った家庭にはないもので、僕にはある意味驚きでした。

そして僕は変わりました。彼女の前にいると、疑われてるんじゃないかと身構えることがなく、自然でいられている自分に気づきました。そして僕も、彼女の言うことの裏を考えたりせずに、受け取れるようになりました。

生まれて初めて、人と信頼関係でつながれたような気がしました。相手のことを信じてみようと思わなければ、人間関係って始まらないんだなと思いました。

彼女とは、結局別れることになったのだけれど、最後まで彼女は彼女でした。僕の切り出した別れ話。その言葉のひとつひとつを、彼女はすべて信じてくれました。「誰かほかに好きな人いるんでしょ」とか、そんなことひと言も言わずに。「そっか、別々の道を行かなくちゃいけない時が来たのかもね」「今までありがとね」。そう言って遠ざかっていった彼女の後姿を、僕は一生忘れないでしょう。

彼女と出会って、人から信用されるって、こんなにも自分を強くしてくれるものなんだと思ったし、信じようとしなければ、何も始まらないことを知りました。それまでずっと、親から疑われてばかりいるのは、自分が信用に足る人間ではないからだと思っていました。それは、違う。おやじには、僕を信じようとする力が足りないんだと思いました。

人の話を理解したいと思わない人には、どんなに話をしてもわかってはもらえない。僕のことを信じようとしてくれていな人には、どんな態度を取っても揚げ足をとられるだけ。自分も、これからは、周囲の人のことを、わかろうとし、まずは信用しようとしてみることから、人間関係を築いていこうと思います。

父は、今でも変わりません。あの調子です。でも、今は、父と会うのが怖くありません。「おやじは、人を信用できない人なんだな。しかも自分で、それに気づいてもいない。自分のことを信用しようともしてくれない人と、話をしたいと思う人がどこにいるだろう」。おやじが自分で変わろうとしない限り、僕は、おやじと口をきくことはないでしょう。 [...]


人気の記事
毒親チェック
自己肯定感診断【簡単チェック】
親パワハラ診断
いい子症候群診断【セルフチェック】
完璧主義診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
人間不信診断【セルフチェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
自殺危険度診断【セルフチェック】
モラハラ親チェック【無料診断】


    先頭へ戻る