人によって態度が違う父親 息子への影響とその末路

人によって態度が違う父親 息子への影響とその末路

人によって態度が違う人がいます。そんな人が親になったら、どうなるのでしょうか。子供には、どんな影響があるのでしょうか。 ...

人によって態度が違う人がいます。そんな人のことを、多くの人が「信用できない人だ」と感じます。当たり前です。そんな人とは、付き合いたくないでしょう。しかし、それが自分の親だったら? 子供は悲惨です。

人によって態度が違う親に育てられた多くの毒親育ちの人が、人間不信の症状に悩まされます。親を信じられない人は、人を信じるということが、どういうことなのか知らずに育つために、誰のことも信じられないのです。

人によって態度が違う父親だった、という人がいます。どんな家庭だったのか。そこにはどんな苦しみや悩みがあったのか。そのすべてを語ってくれました。

僕にとっておやじは、邪魔な存在でしかない。子供の頃からずっとそう思っていたし、今でもそう思ってる。

父は、人によって態度が違う人でした。しかし、その法則は単純。自分より立場の強い人にはニコニコし、弱い人には強くでる。言うことも違いました。自分より目上の人には、ごまをするようなことを言い、自分より弱い人に対しては、攻撃的でした。

しかもそれが、わかりやすい。おやじは、相手によって、まるで別人のように態度を変えました。

僕は、そんなおやじの態度が大嫌いでした。僕は、人によって態度が変わるおやじのことを、「信用できないヤツ」だと思うようになりました。

それだけでも十分「毒親」だけれど・・。それだけではすみませんでした。

僕は、両親と弟の4人家族だったのだけれど、父は、僕ら子供に対して、強くでました。自分が僕らより、どんなにすごい人間なのかとか言いたがり、優位に立とうとします。無視していると、僕らの欠点とか、将来性のなさとかを、言い始めます。

単に、年齢や経験が上であることを武器に、いじわるな上司が部下をいたぶっているみたいな光景。母親も何も言わないから、それは、ウチの家庭では「いつものこと」くらいに、普通のこととして行われていた「モラハラ」「パワハラ」でした。

いくら日常的に行われていることでも、そんなことに慣れられるはずがない。慣れていいはずもない。

僕は、弟が笑っている顔を見たことがない。いつも何かに耐えているような雰囲気で、いつ爆発するかと心配していたりする。そして僕も。おやじには、消えて欲しいと真剣に思っている。早く、消えて欲しい。早く・・。

僕は思う。人によって態度を変える人は、信用できない人だけれど、それだけでおやじが邪魔な奴だとは思わないと思う。僕らのことを正当に認めてくれたら。ダメな奴だと決めつけなかったら。しょうがないおやじだな、と思いつつも、なんとか親子でいられたと思う。

この話をすると、「母親はどうしてたの?」とよく聞かれる。

父は、母には弱かった。母には、強いことは決して言わなかったし、母に言われたことには素直に従う。母親も、僕たちくらいひどいことを言われていたら、傷つき、おやじのことが嫌いになったかもしれない。僕たち3人は、最強タッグが組めたかもしれない。でも、あの母親は違いました。

たぶん、自分は傷ついていないから、平気なんだと思う。自分は傷ついていないけれど、子供はきっと傷ついてるに違いないとか思わない人なんだと思う。僕たちがひどいことを言われているとき、「まるでひとごと」みたいな顔をしているから。

大人になって、子供の頃のことを客観的に振り返るようになってやっとわかった。僕らが育った家は、「毒親家庭」だったと。子供がそれに気づけるようになったときには、もう20年とか30年もの長い年月が流れてる。取り返しのつかないダメージを受けてるんだな、と最近思う。

それでも強くなろうと思う。父も母も、自分の味方じゃない。敵。それなら、最後まで戦ってやろうと、最近では思ってる。これが自分の背負った宿命で、これが戦場なんだと思ってる。 [...]


人気の記事
共依存度診断【セルフチェック】
毒親チェック
毒父チェック【無料診断】
燃え尽き症候群セルフチェック
人間不信診断【セルフチェック】
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
acタイプ診断
自殺危険度診断【セルフチェック】
自己肯定感診断【簡単チェック】
親ストレス診断


    先頭へ戻る