子供の「いつも明るい」「明るすぎる」は危険信号。その心理と対処法

子供の「いつも明るい」「明るすぎる」は危険信号。その心理と対処法

いつでも明るい子供の心理と対処法

いつでも明るい子供。明るいことは悪いことではありません。しかし、そこに問題が隠されていることがあります。いつでも明るい子供の心理は? その問題点は? 対処法は? 解説します。 ...

いつでも明るい子供の共通点

子供の「いつでも明るい」という特徴は、虐待されている子供によく見られる共通点です。明るい性格は、虐待とは無縁に見えます。なぜ虐待されている子供が、明るい性格になるのでしょうか。

いつでも明るい子供の心理

健全な家庭に育つ子供は、悲しいことや、辛いことや、嫌なことがあったら、泣いたり、悲しそうな顔をしたりします。悲しくても辛くても、それを一緒に受け止め、味方でいてくれる親がいるから、安心して自分の気持ちに正直でいられるのです。しかし、虐待を受けている子供には、その存在がありません。負の感情と向き合う術を知らず、隠そうとしがちです。泣きたいような状況でも、無理して明るく振る舞いがちです。 [...]


人気の記事
愛情不足診断【愛着障害】
アダルトチルドレン セルフチェック
完璧主義診断【セルフチェック】
毒父チェック【無料診断】
いい子症候群診断【セルフチェック】
自己肯定感診断【簡単チェック】
毒親育ち度診断
ダメな親診断【セルフチェック】
燃え尽き症候群セルフチェック
承認欲求セルフチェック


先頭へ戻る