子供の叱り方。注意の仕方 ~子供を傷つけない方法~

子供の叱り方。注意の仕方 ~子供を傷つけない方法~

親から叱られたり、注意されたことがない、という子供が増えています。それはなぜなのでしょうか。そのような子供には、どんな問題が起こるのでしょうか。子供を傷つけずに、叱ったり注意をするにはどうしたらいいのでしょうか。 ...

子供に限らず大人でも、人から叱られたり注意されるとことは、いい気分ではないものです。それが身に覚えのないことだったり、誤解からくるものであったら尚更でしょう。

だからこそ、親は子供を叱ったり注意することが怖くなります。それをすることで、子供を傷つけないかと心配になります。口うるさくなることで、子供から嫌われたり、子供が心を閉ざすようになるのではないか、と考えます。

親が子供を叱ったり注意することを躊躇していると、子供にどのような影響があるのでしょうか。

多くの親が、子供を傷つけたくない、子供にトラウマを残したくない、と臆病になっています。その一方で、親から叱られたり注意されたことさえない子供が、何の免疫もないまま社会人になり、社会人生活にうまく適応できないケースも増えています。

親から、叱られることなく育ってきた子供は、叱られたり注意されることに「慣れていない」状態で育ちます。慣れていないために、叱られたり注意されたことを、大げさに、あるいは深刻にとらえがちになります。また、「叱られる」「注意される」という経験が少ないために、それへの対処方法を学ばずに大きくなってしまいます。それをどう受け止め、どう立ち向かえばいいのかがわからず、キレやすくなったりします。

そして、親から叱られたり注意されない子供は、実は孤独でもあります。多くの親が、口うるさくすることで、子供から嫌われるのではないか、子供との信頼関係を損なうのではないか、と心配している一方で、子供は、親から叱られたり注意されないことで、寂しく感じていたりもするのです。

親から叱られたり注意されない子供は、「親が自分に無関心だ」と感じます。子供には、悪いことだと知っていてそれをしたり、悪態をついたりすることがあります。それは、自分が親から関心を持たれているのか、愛されているのかを、確認する・試す(テストする)心理の現れです。親から注意されたり叱られたい・・そうまでして親から注目されたい、親の愛情を確かめたい・・それが子供の心理なのです。

また、親からあまり叱られずに育ってきた子供は、親との関係が希薄でもあります。親が、叱るべきときに子供を叱らない態度は、「見て見ぬふり」とも言えます。そのような親子は、本音で向き合ったり、突っ込んだ話をする機会が少なく、子供も困ったことがあったときに、親に話したり、相談したりできません。

注意されたり、叱られたりすることなく、一生を終える人はいないでしょう。スーパーで買い物をしているだけで、知らず知らず「何か」しており、人から注意されることは、大人にだってあるかもしれません。社会人になれば、上司やお客様からお叱りを受けることは必ずあります。叱られてもヘコまず、受け止め消化し、自分の成長の糧にできるような人に育てることは、子供の人生を豊かにすることでもあります。

そのような人に育てるためにはどうしたらいいのでしょうか。そのためには、親は、子供をどのように叱り、どのように注意すればいいのでしょうか。

たった2つのことを守るだけで、子供を傷つけることなく、しっかりと子供を叱ったり子供に注意を促すことができるようになります。

子供を傷つけることない「叱り方」「注意の仕方」には、2つのポイントがあります。

子供を傷つけない叱り方

子供を叱るときには、「その場で短く」が鉄則です。あとでネチネチ言うのはご法度です。

そのときには、ダメ出しだけでなく、どうすればいいのかを伝えると否定的なニュアンスになりません。「それは、しないで」「それは、ダメだよ」と言う言い方を、「それは後で」と言うだけで、子供は傷つかないですみます。公共の場で走り回っている子供に注意を促すとき、「ダメだよ」の代わりに、「走るのは後で」「公園に行ってから」と注意すれば、子供にもわかりやすいと言えるでしょう。

また、子供を叱ったり注意したら、その後すぐに、何事もなかったかのように気分や態度を切り替えることも大切です。ニッコリ笑ったり、手をつないだり、話題を変えたり、「もう怒ってないよ」ということが子供に伝わることをするのがオススメです。

ちょっと注意するくらいなら「わかった?」などと子供に念を押す必要もありません。ひとこと言って、おしまいです。子供がまたやったら、「さっきも言ったでしょ」などと言わずに、もう一度言えばいいのです。子供への叱責や注意は、ちょこちょこと繰り返した方が子供にいい効果があります。

心理学では、不快な刺激(=叱られることや注意されること)は、強度の弱いものを繰り返し経験することで慣れる(=なんともなくなっていく、耐性ができる)と言われています。つまり、くどくど言ったりしないような「ちょっとした叱責や注意」を繰り返すことで、子供は、叱られたり注意されることに慣れていきます。それが将来「ちょっと注意されただけでキレる大人」にしないことにつながります。

注意する内容に気を付ける

子供を叱ったり注意をするときには、「行動」に対してするのが鉄則です。

子供は、たくさんの失敗を通じ、そこから学び成長していきます。親は、子供が間違ったときには、それを指摘したり、正しい方向へ導いてあげる必要があります。しかし、努力してもどうにもならない容姿に関することや、「そこを矯正してしまったら、この子がこの子ではなくなる」という性格の根幹にかかわるようなことを注意するのはNGです。

叱ったり注意していいのは、子供の「行動」です。走らない、叫ばない、投げない、叩かない・・子供のアクションに対してしましょう。

子供は、たくさんの間違えを繰り返しながら育っていきます。子供を叱ったり注意を促すことは、子供が育つのに必要なことであり、方法を間違えなければ、子供との信頼関係を深めるきっかけにもなります。本当の意味で子供を叱れるのは、「親」だけとも言えます。うるさいなぁ・・と言いつつも、自分のことを真剣に気に掛けてくれていることを、子供はちゃんとわかっています。 [...]


人気の記事
すぐわかる!ADHDチェック
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
完璧主義診断【セルフチェック】
メンタル弱い度チェック
毒父チェック【無料診断】
自殺危険度診断【セルフチェック】
毒親育ち度診断
承認欲求セルフチェック
親ストレス診断
燃え尽き症候群セルフチェック


    先頭へ戻る