心配し過ぎな親。特徴と子供への影響

心配し過ぎな親。特徴と子供への影響

子供を心配し過ぎる親がいます。そんな親の態度に違和感を感じている子供も。子供を心配することは、悪いことではないはずなのに、なぜそこに違和感を感じる子供がいるのでしょうか。その原因は? 特徴は? 心配し過ぎな親は、子供にどんな影響を及ぼすのでしょうか。 ...

子供を心配することは、本来悪いことではありません。親からまったく心配されなかったら、子供はさびしいでしょう。また、子供を心配しない親には、「無関心」という別の問題もあります。

しかし、親の「心配し過ぎ」は、ときに子供を苦しめます。それは、心配する「度合い」の問題ではないのです。肝心なのは、心配する「内容」。何を心配するかによって、子供は、うれしく感じたり、うっとおしく感じたりしています。

子供への心配には、「していい心配」と「してはいけない心配」があります。それはどんなものなのでしょうか。そこには、どんな違いがあるのでしょうか。

子供が「具体が悪い」と言っているときには、心配してあげましょう。具合が悪いと言ってるのに、「たるんでるからだ」などと言われるのは、子供にとって寂しいことです。

雨に降られたとか、そういうときにも「大丈夫だった?」と心配してあげましょう。気に掛けてもらっているとわかることは、大人でも子供でもうれしいものです。

それでは、子供からすると「されてちっともうれしくない心配」とは、どんなものなのでしょうか。 [...]


人気の記事
自殺危険度診断【セルフチェック】
いい子症候群診断【セルフチェック】
愛情不足診断【愛着障害】
すぐわかる!ADHDチェック
ダメな親診断【セルフチェック】
共依存度診断【セルフチェック】
燃え尽き症候群セルフチェック
毒親育ち度診断
メンタル弱い度チェック
モラハラ親チェック【無料診断】


先頭へ戻る