親が原因の「人と会うと疲れる」の治し方

親が原因の「人と会うと疲れる」の治し方

毒親育ちの人の中には、「人と会うと疲れる」と感じられる人が多くいます。どのような親に育てられると、そうなるのでしょうか。どんな人が、なりやすいのでしょうか。それを治す方法はあるのでしょうか。 ...

人と会って「疲れる」と感じることは、誰にでもあります。気が合わない相手や、話の通じない相手。しかし、毒親育ちの人の「人と会うと疲れる」はそれとはちょっと違います。人と会った後、グッタリしてしまうほど疲れます。人と会った後、元気を取り戻すまでに時間が掛かり、うつになったり、しばらく誰とも会いたくない、と感じられたりします。

毒親育ちの人の多くは既に、親との付き合いに疲れ果てています。子供の話を聞かない親に、「誰も自分の話なんかわかってもらえない」と無気力になっている人もいるでしょう。自分の話ばかりする親の相手をさせられ、うんざりしている人もいるでしょう。

そのような親に育てられた人は、人に合わせることはうまくても、自己主張が苦手です。人と会っても、相手に気を遣ってばかりで楽しくありません。話を合わせないと、相手が怒り出しそうで怖い、というストレスを感じる人もいます。

人と会うとひどく疲れる・・。無理が重なりうつになってしまった人がいます。それは、母親のせいでした。

この母親は、子供の話を聞かない人でした。自分の話を子供に聞かせるばかり。「私の子供時代は、まるで修行でした。母の面白くない話を永遠聞かされました。母は、私が真面目に聞かないと怒り出しました」。

この人は、友達は多い方だったと言います。友達はみなこの人に会いたがり、しょっちゅうお茶に誘われたそうです。「それは私が聞き上手だから。母の元で20年もの間、訓練を受けてきた私です。一瞬も気を緩めず相手の話を聞き、共感し、相手が言って欲しいと思っているようなことを言ってあげます。みんな満足するようで、また誘われます。でも私は、いつもグッタリでした」。

人は、一緒にいて疲れる相手とは、自然と距離を取るものです。しかし、毒親育ちの人には、それができない人が多いのです。一緒にいて不快な存在「親」と修行のように長期間一緒にいるために、他者との距離の取り方がわからず、一緒にいて疲れる相手にはまってしまいがちです。

「みんなの話をいくら聞いてあげても、私の話は聞いてくれないじゃない?とある日思ったんです。親の影響だと思いました。みんなの話を聞く。自分を押し殺して。そんな役割を親から押し付けられてきたんだ、と思いました」。

この人は、今では見違えるほど明るくなりました。「自分の話ばかりして、私の話を聞こうとしない友達とは、会わないことにしました。そんな友達ならいらない、と思ったんです」。この人は、今、新しい人生を歩み始めています。「人に気を遣うのはいい加減にしようと思っています。気を遣わなければならないような相手とは、付き合いたくないです。そう割り切ったら、新しい友達ができました」。 [...]


人気の記事
いい子症候群診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
毒父チェック【無料診断】
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
ダメな親診断【セルフチェック】
モラハラ親チェック【無料診断】
自殺危険度診断【セルフチェック】
完璧主義診断【セルフチェック】
毒親育ち度診断
人間不信診断【セルフチェック】


    先頭へ戻る