うつの症状 感情の欠如の原因と治し方

うつの症状 感情の欠如の原因と治し方

うつのときには、感情がなくなってしまったかのように「何も感じない」といった感覚に襲われることがあります。また、日頃から感情が希薄な人は、うつになりやすい傾向もあります。「感情の欠如」はうつを密接な関係があります。感情の欠如はどうして起こるのでしょうか。それを治す方法はあるのでしょうか。 ...

悲しいことやショックなことがあったとき、何も感じなくなることがあります。悲しいはずなのに、悲しいと思えず、涙もでない。自分が空っぽな感じがしたりもします。人は、自分で処理できない「大きすぎる感情」を抱えると、心が麻痺し、何も感じなくなってしまうのです。

親しい人の死や、ひどいいじめやモラハラ、パワハラ、信じていた人から裏切られたなど、思い当たりことがあるときには、どうぞ休んでください。どうして何も感じないだろうか、自分はおかしいんじゃないか、と焦るとさらに辛くなります。うつがひどくなってしまいます。何も感じられないくらい自分は今辛いんだ、大変なんだ、とだけ思いましょう。

したいようにし、やりたくないことはやらず、ボーッと過ごすだけでいいのです。このような感情の欠如は、心や頭をしっかり休ませれば、少しずつ回復していきます。風邪を引いたりお腹を壊したら、1週間は安静を心がけることでしょう。うつも、最低でもそのくらいの時間、心を安静にさせて当然なんだ、と思ってどうぞゆっくり休んでください。

それとは別の「感情の欠如」があります。普段から、あまり感情を感じない人がいるのです。自分が楽しいのか、悲しいのか、怒っているのか、わからない・・。そのような人は、自分の気持ちを大切にすることができなかったり、落ち込んでいるときにも元気に振舞ってしまうなど、無理をしがちです。

そのような感情の欠如は、子供の頃の経験が原因であることが少なくありません。たとえば、親から否定されて育ってきたは、自分の気持ちや感情も否定されていることが多く、感情が希薄な大人になります。

たとえば、親の作った食事を「これ嫌い」と言ったら、せっかく作ったのに、と怒られた・・そんな経験から子供は、嫌いになっちゃダメだと、無理して好きになろうとしたりします。このようなことが繰り返されると、子供は、自分の感じ方や感情に自信が持てず、自分でどう感じているのかわからなくなってしまうのです。

しかしそのような「感情の欠如」は大人になってから治すことも可能です。何か食べら、美味しいのか不味いのか、自分に問いかけてみてください。最初はなかなか、自分の気持ちがポンと湧きあがってこないかもしれません。焦る必要はありません。間違っていてもいいので、「美味しくないって感じてるんじゃないかな・・」と決めてみましょう。

これを繰り返すと、少しずつ自分の気持ちにすぐに気づけるようになります。すると本当は嫌だと思ってたのに無理してやっていたことや、本当は嫌いなのに無理して付き合っていた人のことに気づいたりします。無理をしない生き方ができるようになると、になりにくくなります。

時には無理して嫌いな人と付き合わなくてはいけないこともあるのでしょう。それでも「自分は無理してるな」という自分の素直な感情に気づけるようになるだけでも、大きな意味があります。そんなときには、「今日はちょっと無理したから、美味しいものでも食べて自分を癒してやろう!」・・それがの何よりの予防になります。 [...]


人気の記事
アダルトチルドレン セルフチェック
毒親育ち度診断
acタイプ診断
毒父チェック【無料診断】
ダメな親診断【セルフチェック】
いい子症候群診断【セルフチェック】
自殺危険度診断【セルフチェック】
人間不信診断【セルフチェック】
親ストレス診断
モラハラ親チェック【無料診断】


    先頭へ戻る