寂しがり屋の毒親が原因の鬱

寂しがり屋の毒親が原因の鬱

親が寂しがり屋・・。そんな親に悩まされている子供がいます。寂しがり屋の親が原因で、になってしまった人も。寂しがり屋の親には、どんな問題があるのでしょうか。その心理は? 原因は? 寂しがり屋の親に育てられると、子供はどうなるのでしょうか。そんな親には、どう対処するのがいいのでしょうか。 ...

寂しがり屋の性格は、それ自身が悪い性格、ということはありません。寂しがり屋の人は、いつでも誰かにそばにいて欲しいと感じます。しかし人は、誰しも誰かを求めるものです。求める気持ちがより強い人が「寂しがり屋」なのです。

しかし、そのような人が親になったときには、子供に悪影響を与えがちです。それは、子供にいつも一緒にいて欲しい、と子供を束縛するからです。

寂しがり屋の親でも、「誰かと一緒にいたい」というその欲求を、夫婦間で満たし合っていたり、友達と話をして解消するなど、自分で適切に処理できる人は、子供に悪影響はありません。最悪なのは、自分の寂しさを紛らわせるために、子供を利用する親です。

たとえば、友達がいなかったり、夫婦仲がうまくいっていない親。そのような親は、子供を自分の「おともだち」にしたがります。子供をうまいこと束縛できれば「一生、裏切らない友達」を確保でき安心です。自分が安心感を得るために子供を利用していることに、気づきません。

たとえば、趣味がない親。趣味がない+寂しがり屋、という条件が兼ね備わると「子供が趣味」になります。毎日の楽しみは子供。暇つぶしも子供。子供が親離れしようと思っても、親にとっては「なくてはならない趣味」なので、それは困る、と言うことになります。全力で子供を自立を阻んだりします。

このような親に育てられると、子供はどうなるのでしょうか。

かなりの確立で共依存になります。寂しがり屋の親は、子供と一緒にいたがります。「私にはあなた(子供)しかいないの」といったことを、実際に子供に言う親もいます。子供は、そんな親の気持ちに敏感です。進んで親と一緒にいてあげるようになったり、親から必要とされていることに幸せや充足感を感じるようになります。

大人がそうであるように、子供にとっても、誰かから必要とされている、と感じられるのはうれしいものです。しかし、ここに大きな落とし穴があります。「親から必要とされている」ということに大きな満足を感じていている子供は、「必要とされなくなったら、どうしよう」という不安を同時に抱えています。誰かから必要とされていないと、自分が無価値に感じられたりします。

そのような家庭で育った人は、「誰かに必要とされている自分」が自分であると認識して大人になってしまうために、「自分自身」がありません。友人関係などにおいても、自分を必要としてくれる人とばかり仲良くなります。一度は仲良くなっても、自分が必要とされてないとわかると、自分から離れていったりします。『共依存』、自分を必要としている人に依存している(その人から離れられない)状態になります。

友達のいない子の友達になってあげる、とか、困っている子を助けてあげる、などする子供は、一見「優しいいい子」に見えます。しかし、そういう子としか友達になれない、そういう子と一緒にいないと不安になる、自分に価値がない気がする、といった生きづらさを感じていることも少なくないのです。

寂しがり屋の親に育てられ、になってしまった人がいます。

「私のの原因は、共依存でした」。そう語るこの人は、両親揃って寂しがり屋の家庭に育ちました。

「暗い雰囲気の家庭でした。父も母も内弁慶で、友達はいませんでした。サラリーマンだった父は、私だけが生きがいだと言っていました。専業主婦の母は、私の世話を焼きたがりました」。

陶しいと思ったこともあったと言います。「でも、それは大きな不満にはなりませんでした。父も母も、私を必要としていました。それだけが、私の心の支え、私の存在意義みたいに感じていました」。

内弁慶な両親は、外ではいつもニコニコ笑っていたと言います。「みな、いいご両親に育てられて幸せね、などと私に言いました。でも、私は生まれてこの方、一度も親から愛されてると感じたことがないんです。親の愛情を感じられない自分は、人として重大な欠陥があるに違いない、とずっと気にしていました」。

この人が変わったのは、になり『共依存』という言葉を知ったことがきっかけでした。

共依存の本を読みました。そこに書いてあることのすべてが『私』でした」。

この人は、友人関係でも問題を抱えていました。かわいそうな人と友達になったり、困っている人を助けるのが好きだったそうです。「カウンセラーになろうかな、と思っていました。今考えると可笑しいです。自分がカウンセリング受けなくちゃいけない状態だったのに。自分は、優しい人だと、酔いしれてたんです。その人間関係が変だとは、まったく気づけていませんでした」。

この人は、共依存だった頃の自分を振り返りこう言います。「私は、親と無理して付き合ってきたんだと思います。一緒にいてあげなくちゃかわいそうだ、いつまでもかわいい娘でいてあげなくちゃいけない、と頭の中はそればかりでした。そんな役回りを親から押し付けられて、人格が曲がっちゃったんだと思いました」。

しかし、この人がそれに気づいても、親との関係は変わらなかったと言います。「自分は束縛されてるように感じている、と両親に言ってはみましたが、聞き入れてもらえませんでした。父には『お前ほど、親にかわいがられた子はいないんだぞ。贅沢病だ』と言われました。母は『裏切られた』と私に言いました」。

これが、寂しがり屋の親の最大の問題です。本人は、子供に愛情を注いできたと信じきっているのです。単なる「子供への依存」であることに気づかずに。子供に一緒にいてもらわなくちゃ困るのは、親の方なのに、「子供と一緒にいてあげてる」と錯覚している典型的な毒親です。

「自分は、裏切り者なのかな」と悩み、さらにがひどくなった時期もあったそうです。「でもそれも、子供を共依存にする親の典型なのだと知り、安心しました。子供を束縛しようとしているから、母は私のことが裏切り者に見えたんだと思います」。

この人は、自分と親との親子関係が異常だと気づき、友人関係や、職場での人間関係が劇的にいい方向へ変わったと言います。「普通の親は、子供を自分の『おともだち』として囲い込むようなことはしないものだと思います。親のことなんかほっといて、遊びたい子と遊びに行っちゃうような私でも、寂しそうな顔しないで、おかえりと笑顔で迎えて欲しかったと思います。そんないい家庭のイメージを頭の中に描いているうちに、自分の共依存は、いつの間にかよくなっていました」。 [...]


人気の記事
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
共依存度診断【セルフチェック】
毒父チェック【無料診断】
親ストレス診断
自己肯定感診断【簡単チェック】
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
毒親チェック
うつセルフチェック【無料診断】
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
自殺危険度診断【セルフチェック】


    先頭へ戻る