虐待された子供の特徴!卑屈を治す方法

虐待された子供の特徴!卑屈を治す方法

虐待された子供の特徴のひとつに、「卑屈」があります。虐待された子供は、なぜ卑屈になるのでしょうか。原因は? その心理は? 卑屈な性格を治すことはできるのでしょうか。 ...

卑屈な性格の人がいます。そのような人の中には、親から虐待されている、あるいは、虐待されてきた、という人が多くいます。

卑屈な人は、些細なことで「どうせ自分なんか」と思いがちです。自分に自信がないために、失敗したり、挫折したりしたとき、人より大きくヘコんでしまいます。また、「どうせうまくいかない」と思ってしまうため、立ち直ることも難しくなります。

また卑屈な人は、自分が人から受け入れられている、とか、愛されている・好かれている、正しく理解されている、といった充足感や安心感に飢えているようなところがあります。人と話していても、自分が誤解されているとか、嫌われているような気がしてならなくなったりします。「どうせ言ってもわかってもらえない」と人に自分の話をすることを諦めてしまったり、自己主張や反論することも苦手です。

人の性格には、生まれつきのものもありますが、「卑屈」は違います。卑屈な性格は、子供の頃の経験や家庭環境が大きく関係しています。愛情ない親の態度は、子供を卑屈にします。「虐待」は、その代表例です。

なぜ子供は、虐待されると、卑屈になってしまうのでしょうか。

人はみな、生まれたときから自分に自信が持てているわけではありません。大人になるまでの20年近くもの長い年月をかけ、それは少しずつ培われます。しかし、虐待されている子供は、人格形成に重要なその時間を、親から虐待されて育ちます。自分に自信がありません。卑屈になっていきます。

意外なことに、「自分への自信」は、失敗や挫折から生まれます。子供はたくさんの失敗や挫折を繰り返しながら大きくなります。子供が間違ったことしたり、何かに失敗したとき、普通の親は、暖かく見守り、正し、サポートしてくれたり、応援してくれたり、がんばりを評価したり褒めてくれたりします。そのような家庭環境で育つ子供は、失敗したり挫折しても、だからといって自分がダメな人間だということじゃない! という自信が持てるようになります。

虐待されている子供は、違います。何をしても、何を言っても、否定されるような毎日です。「また失敗したのか!」「お前はバカだ」などと言われたり、そのような目で見られる子供は、「どうせ自分なんか」と、どんどん卑屈になっていきます。

また、子供を虐待する親はとても身勝手です。自分の機嫌が悪いから、といった理由で子供に八つ当たりしたり、暴力を振るったりします。子供は「自分がひとりの人間として大切にされている」という感覚が得られません。人から粗末に扱われて当然の人間だ、と刷り込まれ、卑屈になってしまいます。

そんな家庭環境で育ったきた人の「卑屈」は、どうしたら治すことができるのでしょうか。 [...]


人気の記事
親パワハラ診断
承認欲求セルフチェック
人間不信診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
愛情不足診断【愛着障害】
共依存度診断【セルフチェック】
燃え尽き症候群セルフチェック
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
acタイプ診断
親ストレス診断


    先頭へ戻る