子供を男性不信にする虐待親 父親によるDVの実態

子供を男性不信にする虐待親 父親によるDVの実態

家庭内の暴力により、子供が、人間不信や男性不信になってしまうケースが後を絶ちません。どんな父親が、DV(ドメスティック バイオレンス)に走るのでしょうか。その性格は? 心理は? そのような父親に育てられた子供には、どんな影響があるのでしょうか。そのダメージから回復するには、どうしたらいいのでしょうか。 ...

男性不信に悩む人の中には、父親からDVを受けて育ってきた、という人がいます。自分が直接的に暴力を受けていなくても、家庭内で父親が家族に暴力を振るう姿を子供の頃から見てきた、それがトラウマになっている、と言う人もいます。

親のDVには、どんな問題があるのでしょうか。DVを受けて育った人は、なぜ男性不信になるのでしょうか。

親から子供への暴力は、子供を危険にさらします。親は本来、子供にとって、守ってくれるはずの存在です。その親から、痛い思いをさせられたり、身の危険を感じさせられると、子供は無意識に、親から自分を守ろうとするようになります。親に心を許せません。親のことが信じられなくなります。

親のことを信じられないまま育った人は、誰のことも信用できなくなる傾向が顕著です。子供は、親を通じて、人を信用するという感覚を身につけます。親を通じて、それを身に付けられなかった子供は、人を信用することもできないのです。人間不信、男性不信の状態になります。

また、子供や家族に暴力を振るう父親は、多くの場合家族を、自分(親)のイライラのはけ口にしています。子供は、父親から大切にされていると感じられません。父親から大切にされている実感がないまま育つ人は、男性から自分が大切にされるとは思えず、男性不信になります。

また、子供や家族に暴力を振るう男性は、自分の暴力を正当化しがちです。「お前がちゃんとやらないからだ」と妻のせいにしたり、「子供が悪いから叱ったんだ」と言ったりします。そのような理屈を耳にするたびに、子供は、悪いことをしたら暴力を振るわれて当然なんだ、と考えるようになっていきます。暴力を肯定しがちになるため、人に対しても暴力的になっていく人もいます。

しかし何といっても、DV男が最低なのは、弱いものに暴力を振るう、ということです。そのような男性は、根が「上から目線」。自分の力を、持っているもの以上に誇示したがります。思っていることを互いに言い合い、意見の一致を見なければ、話し合ったり、譲歩し合ったりするのが家族です。そのような「対等な関係」を家族と築くことができません。

自分の感情をコントロールする方法も知らず、人と話し合うことも知らず、気に入らなければ一方的にキレるだけ。力任せに、相手をねじふせようと暴力をふるう。そこには、反省もなければ、改善の見込みもない。どうしようもない存在、それが「DV男」です。

そんな父親には、どう対処するのがいいのでしょうか。

父親のDVにより、男性不信になってしまった人がいます。

「父は、怒り出すと止まらない人でした」。そう語るこの人は、父親から暴力を振るわれることも、しょっちゅうだったと言います。

「普段は、優しい父でした」。しかし今思えば、それが最悪だったと言います。「私は男性不信になりました。どんな男性も、今はニコニコ笑ってるけど、豹変するかもしれない・・としか思えないんです」。

「父に誤解している点があるからと、説明しようとすると、父は顔を真っ赤にして、俺に口答えするな!!とか言いました。足の甲を踏んだり、ほっぺたをつねったり、頭をはたいたり。それでも私がやめないと、最終的には思いっきりビンタされたり殴られました」。父親を怒らせないように、いつも気を付けていたと言います。「でも、どこに地雷があるのかわからない。父親の機嫌が悪いときに話しかけちゃったとか、そういうことでも父はカッとなりました。怖かったです。ものすごく」。

こんなこの人が、ついにキレてしまったのは、25歳のときでした。「父が、お風呂から戻ってきて、怒っていました。理由は、私が使った後、バスマットがビショビショだったから。お前はいつもそうだ!と、眉間にしわをよせ、爆発寸前みたいな顔でグチグチ言い始め、やられるな・・と思ったら、なぜだかこの日は、私の方がキレてしまいました」。

「私は、無言で父に殴りかかっていました。父も殴り返してきて、壁に頭をぶつけて倒れました。父は、倒れた私を真上から見下ろし、すごい形相で、私を蹴り続けていました」。

この人は言います。父親の本性を見たようで怖かったと。「母に、あんたが悪い!と言われました。そんなにビショビショにして、後に使う人のことを考えていない、と。しかも、その程度のことで、父親を殴るなんて、そんな子に育てた覚えはない、と言われました」。

この人は言います。「悲しかった。お母さんも、私のこと、何にもわかってないんだな、と思いました。『その程度のこと』? 私のことわかっていたら、そうは言わないはずです。私がキレたのは、単に怒られたからじゃない。私には、それまでの間に積もりに積もっていた父へのうっぷんがあった。それが爆発したきっかけが、『濡れたバスマットの件』だった。その程度のことで、みたいに言われたことがショックでした」。

生きることが嫌になったときもあったと言います。「私は、その後、になってしまって・・でも逆にそれで救われました。診療内科に行き、それをきっかけに、虐待とかDV(家庭内暴力)の本を読むようになりました。私は、典型的なDV被害者でした」。

今では、職場でも男性とうまくやれるようになってきたと言います。「以前は、身構えてしまうようなところがあったんですけど、世の中、父のような人ばかりでないことがわかってきました。本当に最低の父親です。そして、母も。私の受けてきた暴力や心の傷に思い至れない母も、最低だな、と思っています」。 [...]


人気の記事
燃え尽き症候群セルフチェック
人間不信診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
自己肯定感診断【簡単チェック】
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
完璧主義診断【セルフチェック】
親パワハラ診断
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
ダメな親診断【セルフチェック】
愛情不足診断【愛着障害】


    先頭へ戻る