親のパワハラ。特徴と子供への影響

親のパワハラ。特徴と子供への影響

親からのパワハラに会い、苦しんでいる子供がいます。パワハラは、会社やスポーツの世界だけの話ではありません。家庭内にも存在します。親から子供へのパワハラには、どんな特徴があるのでしょうか。どんな親の言動がパワハラになり、子供にどのような影響があるのでしょうか。 ...

「パワハラ」という言葉が広く知られるようになりました。パワハラは、親と子の間にも存在しています。パワハラをする親には、どんな特徴があるのでしょうか。

パワハラをする親は、やたらと偉そう。上から目線で威圧です。かなり不快ですが、そうだからといって、それだけで「パワハラ」というわけではありません。

子供にパワハラをする親には、決定的な特徴があります。それは、子供が必要としているものや欲していることを、牛耳っているということ。子供が親の言うとおりのときには、それを提供し、そうでないと与えません。子供が欲しているものを、出したり引っ込めたりすることにより、巧みに子供を自分の支配下、コントロール下に置いてしまいます。

暴力的

子供に暴力を振るったり、嫌がることをしたり、暴言を吐く、といった行為に走るパワハラ親もいます。子供を萎縮させたり、怖がらせたりする行為は、パワハラ親の特徴のひとつですが、実はこれも、それだけではパワハラにはなりません。それは「虐待」。パワハラは、知能犯だとも言えます。子供を怖がらせ、萎縮させ、親に逆らえないような心理操作をしながら、一方で、子供が従順であれば、優しいことを言ったりしたりします。その「飴と鞭」によって、子供は親の意のままに操られてしまいます。

きょうだい差別をする

きょうだいがいる場合には、親によく従う子だけをかわいがり、きょうだい間で差をつけるのも、パワハラ親の常套手段です。一方の子供を極端に虐げることで、子供を怖がらせ、従わせようとします。虐げられている子供が傷ついていることは、言うまでもありませんが、親に従い続けてる子供も同様です。虐げられているきょうだいを見るにつけ、「言うことを聞かないと、お父さん・お母さんから嫌われるんだ」と知らず知らず、パワハラ親に束縛されてしまいます。

子供の自己主張を許さない

子供が、自己主張をすることも、自分の考えを言うことも許されないのが、パワハラ親の家庭です。子供の自己主張は、パワハラ親には、反抗的、口答え、としか映りません。パワハラ親に育てられた人は、人に合わせてばかりで、自分のない人になりがちです。そしてそのような生きづらさに、大人になった後も苦しんでいる人も少なくありません。

「そんなの間違ってる!」と親に言ってみる子供もいます。しかし大抵、さらなる辛い仕打ちが待っており、それを言ったところで、親に話を聞いてもらえるようには決してならないのが、パワハラ親です。親に言いたいことが言えない、言ったところで聞いてもらえない、というストレスは大人になっても続きます。

一生パワハラされる

パワハラ親を持ってしまった人は、その苦痛が一生続きます。パワハラ親の究極の殺し文句は「遺産やらないぞ」。親に従わなければ遺産がもらえない・・「遺産がもらえなくてもいいから、親から自由になりたい」となかば絶縁を覚悟しなければ、一生つきまとわれるのがパワハラ親です。

それではどうしたらいいのでしょうか。 [...]


人気の記事
自己肯定感診断【簡単チェック】
毒親チェック
うつセルフチェック【無料診断】
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
完璧主義診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
メンタル弱い度チェック
愛情不足診断【愛着障害】
毒親育ち度診断


    先頭へ戻る