ダメな親の特徴!隠し事のある家庭

ダメな親の特徴!隠し事のある家庭

隠し事のある家庭があります。そんな家庭の雰囲気に、息苦しさを覚えている子供も。隠し事のある家庭は、子供にどのような影響を与えるのでしょうか。 ...

家族に秘密があったり、家族の誰かに隠し事をしていたり、嘘をついていたり・・そんな家庭は、どこかぎこちなく、互いに遠慮が生まれるものです。そんな家庭環境は、子供の成長発達にも悪影響を与えています。

子供には言うべきでないこと、隠しておいた方がいいことも、あるかもしれません。しかし子供は、親が考えいる以上に、察しのいいものです。隠し事の内容はわからなくても、隠し事があるようだ、ということは、子供は敏感に察していたりします。

また子供は、親が考えている以上に、親に気を遣っています。隠し事のある家庭では、子供は「これは言っていいのか?悪いのか?」と考えたりしています。また、気まずい雰囲気になったとき、「余計なことを言ってしまったのではないか」と罪悪感を感じたりもしています。

それは、子供が育つ環境として、決して健全とは言えません。

そのような家庭環境に育つと、子供にどのような問題が起こるのでしょうか。

家庭内に子供に言うべきではないこと、隠し通しておいた方がいいことがあるのなら、せめて隠し通しましょう。

親の中には、「それは子供が知らなくてもいいこと!」といった言い方をする人がいます。それでは子供は、自分の家に隠し事がある、という事実だけを知り、その内容はわからないことになります。子供は「自分に関することなんじゃないか」と心配になります。しかし「隠し事」であるがゆえ、それを親に問うこともできず、子供はひとり思い悩むことになります。

隠し事の存在が子供に知れたなら、オープンにした方が、家庭は健全です。すべてを詳らかにする必要はないのです。子供が安心できるような説明をしましょう。誰しも、自分だけが知らない隠し事があると知ったら、気分が悪いものです。それは子供も同じです。

隠すべきではないことを、隠し通そうとしている家庭もあります。

親戚に障害者がいることを、子供に隠し通そうとした親がいます。それは、「隠し事」にしておくことではありません。当事者の尊厳を傷つける行為であるだけでなく、子供に偏見を植え付けます。また結果的には、子供を深く傷つけることにもなります。障害のあるなしで、見る目が変わる・・自分の親が、人をそういう目で見ているということは、自分たちもいつか親からそういう目で見られることになるかもしれない・・といった不安を感じるからです。

見栄や体裁、世間体のためだけの「隠し事」は、子供にとってよくありません。完璧な人がないように、完璧な「家庭」もありません。いいところも悪いところもある「ありのままの我が家」であることほど強いものはありません。そして「我が家の問題点」にどう対処するのか、親の後ろ姿から子供は多くを学びます。 [...]


人気の記事
毒父チェック【無料診断】
いい子症候群診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
acタイプ診断
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
毒親育ち度診断
メンタル弱い度チェック
燃え尽き症候群セルフチェック
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
承認欲求セルフチェック


    先頭へ戻る