高齢父の退院前に準備したこと

高齢父の退院前に準備したこと

父が入院していた病院から、突然「退院です」と言われました。ほかの病院に転院させると言われていたのに、突然退院だと言われて焦りました。急遽、父の退院の準備をしなければならなくなりました。 ...

要介護認定の申請

一番にしたことは、要介護認定の申請でした。要介護認定は、病院ではなく、市区町村の福祉課に申請をします。要介護認定が下りるまでには、申請から1ヵ月ほどかかります。調査員から面談を受け、審査を受け、要介護1とか2といった「要介護度」が約30日後に通知されます。

要介護認定が下りていない状態で自宅に退院してくると、いざヘルパーさんを呼びたいとか、入浴介助を受けたいとなっても、全額負担となります。だから、入院中に要介護認定を受け、要介護認定が下りてから退院するのがベストです。

私たちは入院先の病院に、「転院だと言われていたから、まだ要介護認定の申請をしていない。このまま退院させられたら困る。認定が下りるまで入院させておいて欲しい」と申し出、退院を1ヵ月先延ばしにしました。

入院中の要介護認定

父が入院している病院に、要介護認定の調査員の方が来て、本人との面談や、日頃父の世話をしてくださっている看護師さんや、医師からの聞き取り調査が行われました。父の場合には、膝が悪くひとりでの入浴が無理な状態。「要介護1」でした。

退院前にケアマネージャーさんを決めておく

父が退院後、すぐにデイサービスに行って入浴介助が受けられるように、父の入院中にケアマネージャーさんを決めておきました。市の福祉課からケアマネージャーさんを紹介してもらい、退院後できるだけ早く、入浴をお願いしたいと母から話をしておきました。

ケアマネージャーさんは、父が退院したその日に自宅に来てくださり面談。お試しデイ(お試し版デイサービス)を2日後に設定してくださり、入浴することができました。その後も、週2回、継続して通っています。

入院中の要介護認定は〇でした

入院中に要介護認定を受けることができて本当によかったです。家に帰ってから父に「デイサービスに行って欲しいの。面談を受けて」と言えば、父は必ずや「俺はそんなに弱ってない!」「介護なんか必要ない!」などと言って抵抗したと思います。

父は、要介護認定の調査員の方の面談をすんなりと受けてくれました。入院していたのが精神科だったこともあり、治療とか検査のひとつだと思ったようです。今でも、自分が要介護状態だからデイサービスに行っているとは思っていないような・・。単に「風呂に入りに行ってる」と思っているかもしれません!

とにかく、父の抵抗に会わずに、デイサービスを父の退院後の生活に組み込むことができて大成功でした。病院にはご迷惑をおかけしたかもしれませんが、認定が下りるまで退院を待ってくれとお願いしてよかったと思います。

このほか、こんなものを購入し退院後の生活に備えました。

配食サービス

父の退院に合わせて、高齢者向け配食サービスを取るようにしました。介護者となる母の負担を少しでも減らすためです。

昼食と夕食の1日2回、お弁当が届きます。健康に配慮した減塩の食事です。献立表もあり、バラエティに富んだメニューになっています。

ベット

ひざが悪い父のために、ベットを買いました。父はそれまで布団で寝ていましたが、布団での寝起きは厳しいだろうと思ったからです。

介護用の電動ベットも見に行きましたが、結局1万円ほどの折り畳み式ベットを購入しました。それで十分だったようです。

防水シーツ

父は、自分で排泄できているのですが、もしベットを汚したりしたら母が大変だろうと、介護用の防水シーツを(ケアマット)を買ってきてベットに敷きました。排泄物がもれたりしても、このシーツから下は汚れないことになります。

手すり

立ち上がりが楽なように手すりを購入しました。調べてみれば、今は高齢者向けのこのようなグッズがたくさんあります。両親宅は借家なので、自宅を改造して手すりをつけたりできません。このようなグッズはとてもありがたいと思いました。

椅子用こたつ

両親は、冬かなり冷え込む地方に住んでおりこたつは必須です。ひざの悪い父は、椅子に座って食事をしたりテレビを見たりするのが楽だろうと、椅子で使えるこたつを購入しました。

ソファー

母が、夜間も父のそばについていたいというので、仮眠が取れるようなソファーを母たっての希望で購入しました。これは必要だったかといえば、そうでもないような・・(笑)。

母は父が退院してくる直前まで、父が家に帰ってくるのを嫌がっていました。介護施設に入れたいとずっと言っていましたが、費用面で断念せざるを得ず泣く泣く諦めてもらったという経緯があります。素敵なソファーを買って、母が父の面倒を看る気になってくれるならと、母への投資だと思って購入しました。

退院は、準備が整ってから

準備が整ってから退院させてよかったです。なんでも病院は、入院が長期化すると加算が減って儲けが減っていくそうで、2週間とか、3ヵ月とか、そういった区切りで退院を促してきます。

準備が整っていない状態で退院させられて困るのは、家族であり、何より患者本人です。「急に退院と言われても困る。待ってくれ」とハッキリ言っていいのだなと今回思いました。

父の場合には、病院が患者や患者家族にかなり冷たかったこともあり、担当者に直接掛け合い、「今退院させられたら、絶対困る!」とかなり主張し戦いましたが、ケースワーカーさんがいるような病院なら、そのような人と相談しながら進めるといいようです。 [...]


人気の記事
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
自殺危険度診断【セルフチェック】
承認欲求セルフチェック
ダメな親診断【セルフチェック】
自己肯定感診断【簡単チェック】
完璧主義診断【セルフチェック】
毒親チェック
人間不信診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
アダルトチルドレン セルフチェック


    先頭へ戻る