87歳父の恐るべき咀嚼力(歯も入れ歯もなし)

87歳父の恐るべき咀嚼力(歯も入れ歯もなし)

父は87歳。10年以上前から歯が1本もありません。入れ歯は持っているけれど、入れ歯が嫌いでしたことがありません。しかし何でも食べます。歯茎で噛んで。咀嚼力が弱ると、刻み食やムース食を準備しなければならなくなり、要介護度も上がります。恐るべし、87歳父。なぜ父は、歯がないのにそんなに何でも食べるのか?! ...

歯がない父の咀嚼力

咀嚼力(物を噛む力)とか嚥下(物を飲み込む力)とか。それは介護の重要な要因のひとつになることは、実際に父が要介護になってみてよくわかりました。若い頃なら、当たり前のようにできる「物を噛む」とか「飲み込む」ということが、高齢になればできなくなります。柔らかい食事とかを準備しなければならなくなります。のどに詰めないかどうか目が離せなくなります。介護状態になります。

高齢者のための食事

介護に関する情報を読んでいると、よく「刻み食」とか「ムース食」と出てきます。「なんじゃそりゃ?」と思っていた私も、実際に父が、入院中に刻み食やムース食を食べているのを知り、初めてその実物がわかりました。

刻み食とは

刻み食とは、普通の食事をミキサーにかけて細かくしたもの。元は普通の食事。でも、ミキサーで細かくすることにより、歯がなかったり、咀嚼力が弱い高齢者も食事が取れます。

ムース食とは

ムース食とは、咀嚼力に加えて、嚥下も困難になってきている高齢者向けの食事。嚥下とは、飲み込む力。ゴクンと飲み込む筋力も弱れば、喉に詰めてしまいます。そんな高齢者でも「ムース状」に仕立てた食事なら摂取できるというわけです。

ムース食とはその名のとおり食事をムース状にしたものなのだけれど、その内容がすごい。介護施設や高齢者向け配食サービスで提供されるムース食は凝っていて、玉子焼きなら玉子焼きの味がする。色も玉子焼きっぽい色。しかし、食品の状態はムース。しかもそのように仕立てられている食品が何十種類も用意されていて、ムース食の夕飯だからといってムースがポンと一種類だけ出てくるわけじゃない。ムース状のおかず数種類に、全粥といった組み合わせになっている!

恐るべし。高齢者のための食事・・。

入院中刻み食やムース食を食べていた父

父は、数ヵ月前まで入院していてました。入院していた先は精神病院で、内蔵が悪かったとか食事制限があったとかではありません。

入院時に「入れ歯を持ってきてください」と病院に言われましたが、10年前に作ったきりで全くつけていない。入れ歯をする習慣がなかったため、病院での父の食事が、刻み食やムース食になったのではないかと思われます。のどに詰めたりしたら責任問題になるでしょう。当然の措置だと思えます。入院中の食事は、1食いくらと決まりがあるのだけれど、特別食だったのでその分高額になりました。

父の咀嚼力や嚥下力がわからない

父は4ヵ月間入院していました。父が、刻み食やムース食を食べていると知り、それが単に、のどに詰めたりしたら困るからという理由なのか、咀嚼力や嚥下に問題があるからなのかがわからず、退院の準備をする際にとても困りました。

父が入院していたのは、精神病院の閉鎖病棟でした。その病院があまり、というかかなりよろしくなく、担当医が患者家族と一切会ってくれません。父の容体について説明をまったく受けられないので、父の病状はおろか、「ムース食が必要な状態なんだろうか。通常食が食べられない状態なんだろうか?」といったこともまったく聞けないまま父の入院4ヵ月が過ぎました。

退院後の食生活を考える

私たち息子夫婦(夫がひとり息子。私は嫁)は、父には刻み食やムース食といった食事が必要な状態なのかも、と考えました。母も「退院してきたら、お父さんにどんな食事を準備すればいいかわからない」と言っていました。そこで私たちは、父の退院時にこんな手配をしました。

高齢者配食サービスの利用

父には退院後、高齢者向け配食サービスのお弁当を食べてもらうことにしました。母には朝ご飯だけ準備してもらい、昼と夜はお弁当。その配食サービスの会社は、通常食のほかに、ムース食のメニューもあります。プラス100円程度で通常食を刻み食にすることもできます。

入院中には刻み食やムース食を食べていた父です。普通の食事では噛めなかったり飲み込めないなど、咀嚼力や嚥下に問題があるのかもしれません。しかし一方で父は、面会に来た母に「退院したら噛んで食べたい」とも言っており、父に必要なのが通常食なのかムース食なのかがわかりませんでした。そこで、昼は通常食、夜はムース食、それにお粥を付けてもらったセットを毎日届けてもらうように手配しました。

退院から4ヵ月経っていますが、ムース食は早々にやめ、今は通常食を2回。今でも毎日、高齢者配食サービスから届くお弁当を食べています。

何でもよく食べる父

父は、今でも入れ歯をつけておらず、歯は1本もありません。しかし通常食を普通に食べており、ムース食では物足らないようでした。しかも、ムース食より通常食の方が安い! 1ヵ月足らずで昼夜ともに通常食を届けてもらうように変更しました。

歯茎で噛んで食べる。恐るべき父の咀嚼力

父は、10年以上前に、歯が1本もなくなりましたが、その当時から、何でも食べていました。食卓には父専用のはさみが準備され、硬くて噛み切れない肉などは、自分ではさみで切って食べていました。モグモグを噛んでいるように口を動かし、歯茎で噛んでる??普通に食べます。

最近ではカツ丼を平らげました

最近では、カツ丼を平らげました。父87歳、恐るべし。噛むって意外と大変なことで、硬いものを食べると口が疲れる。あごとか口とか筋肉を使ってるんだと思う。筋力が弱ってきた高齢者が噛めなくなるのは当然なんだな・・と思う。

しかし父は元体育教師! 体力もあるなら、メンタリティーも体育会系。恐るべし父の食欲+咀嚼力+気力・・と思う。

要介護だからといって高齢者扱いするわけにいかない

そんな父も、年には勝てず要介護1。ひざが悪くひとりで入浴できないので、週に2回、入浴介助を受けにデイサービスに行っています。そうなると家族は、「いよいよ介護が始まっちゃったな・・」などと思い、父を必要以上に老人扱いしがちになります。

しかし、何もかもが即「要介護状態」になるわけじゃない。母の話によれば、必要もないのに手を貸し過ぎて、父をイライラさせることもあるようです。

介護とは難しいものだなと思う。相手は介護される側、こっちは介護する側のような関係に、即座に変われたらまだましなのかも、と思ったりする。しかし、老いや衰えはゆっくりゆっくりやってくる。高齢者扱いされたくない、という本人のプライドもある。

「だから多くの人が家族の介護に悩み、疲れるんだな」と思う。介護する肉体労働だけでも大変なのに、感情労働も多く発生する。家族が介護すれば、さらにややこしい感情のもつれも発生する。同居していない私でも、これだけ疲弊する。同居されている介護者の苦労はいかほどだろう・・と思う。 [...]


人気の記事
愛情不足診断【愛着障害】
メンタル弱い度チェック
毒親育ち度診断
承認欲求セルフチェック
共依存度診断【セルフチェック】
自己肯定感診断【簡単チェック】
うつセルフチェック【無料診断】
毒父チェック【無料診断】
人間不信診断【セルフチェック】
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック


    先頭へ戻る